"私の一日"
提案/デザイン/発信
株式会社ゲーマーズ
営業本部MD課
<2003年 アルバイト入社>

トンカツからの始まり。アニメイト店舗スタッフをスタートに、気がつけばゲーマーズの宣伝業務。俯瞰の視点で企画や宣伝、そして自分自身をプロデュース!

……


●トンカツからのスタート

アニメイトグループとの始まりはくだらない事情からなんです。(笑) その頃夜勤をしていたコンビニバイトの休憩中、先輩とアルバイト情報誌を見ていまして。そうしたら先輩が偶々「お!これアニメイトじゃん。聞いたことあるアニメショップじゃん」と言い出し「もしこれにお前が面接をして受かったらトンカツおごってやる」って言われたので「分かりました。絶対おごってくださいね」と約束してからアニメイト日本橋の面接を受けました。ちなみにトンカツはおごってもらっていません。(笑)

それが19才の頃でアニメイト日本橋AV部門フロアスタッフとしてバイトを始めました。そして24才の頃に年齢から就職活動を考え、面接などからの勤務シフト調整を店長へ相談しましたら、アニブロ(※)という会社が新設されるので行ってみないか、と。

(※アニブロはゲーマーズの前身組織。現在は株式会社ゲーマーズ。)

その頃アニブロは新設だった為、店内掲示POPや販促物の制作担当者が不在だったんです。その事を知っていた店長が、フロアの売り場展開とかPOP制作などのデザイン系業務を私がよくしていたので、就職を考えているならお前にぴったりじゃないかとアニブロを紹介して頂きました。アニブロの事は「デ・ジ・キャラット」とか「ギャラクシーエンジェル」を売っている会社ぐらいと薄っすらでしか知らなかったんですがスキルアップの一段階と考え、契約社員で入社しました。

アニブロでは、まず本社にて店頭POPや販促物などの販促ツール制作を行っていました。そしてAKIHABARAゲーマーズ本店のオンリーショップ事業立ち上げに伴い、オンリーショップ専属デザイナーとしてオンリーショップの基礎を作成、3年間勤務し、2015年1月からゲーマーズ全体に関わる宣伝業務を行っています。宣伝施策に関わる企画の立案や進行、宣伝回りに関わるデザインも兼任しています。また外部メディアやお客様に向けたゲーマーズの宣伝発信も担当しています。

●現在の業務/入社1年目からの成長

2015年1月から宣伝業務を担当しているのですが、元々ゲーマーズは宣伝分野が弱くてノウハウもありませんでした。なので最初は宣伝してもやっぱり手応えが無くて、「暖簾に腕押し」じゃないですけど何の反応も返ってこなかったんです。

でも最近は、発信した情報を拡散していただいたり、デザイン・企画提案したPOP・販促物がお客様や版権元様から好評をいただく事が増え、手応えを感じる頻度が多くなりました。前例が無いところから実績を1個ずつ作っては上り作っては上りという階段を上っているようなイメージで頑張っています。

入社から4年目で正社員になり、勤続7年目の今は自分の置かれている立場、行うべき役割を俯瞰視点で見られるようになりました。自分の仕事だけの目線ではなく、会社の仕組み・動きを考え、その中で自分がどう動くべきであるかと判断出来るようになった事が自分でも成長したなと感じています。

●後輩が出来て考えたこと

入社から今まで販促ツール制作、オンリーショップ専属デザイナー、宣伝と仕事をしてきたのですが、それらの前例やノウハウがゲーマーズにほぼ無かったんですね。ですので引継ぎでは作ったルールをマニュアル化し、後任へ配布しました。

新しく始める事が多かったので、最初にその業務を行った者がマニュアル化して引き継いでいかなければという考えと、ほぼ自分一人で業務を行っていたのでマニュアル化を行い後々問題が起きた時、私がいなくても後輩が困らないようにしたいとの思いからです。そんな自分の引いた道をルールとして後輩が頑張ってくれている姿を見ると「あ~良かったな」と充実感を感じます。

後輩に接する時は、自分の感情だけでの指示や指導を行わないよう気を付けています。自分の感情が指示や指導に混ざると伝えたい事柄に淀みが発生して変なノイズとなって、結局伝わらない事が多いんですね。自分の中に「上司の自分」をまず作り、マイナス感情を混ぜずに指示・指導を行います。例えば叱る時は感情を一切抜きにして叱って、話題が変わったら笑顔で接するようメリハリを付けるようにしています。

●相談できる先輩、目標とする上司

入社してまもなくの頃、先輩と仕事の進め方で意見が衝突する事がよくありました。互いに怒鳴り合ってこじれてしまった時(苦笑)もあり、そんな人間関係を重く感じていました。

その頃AKIHABARAゲーマーズ本店の店長へ相談しましたら「人を変えたいなら自分が変わらなきゃダメだよ」とアドバイス頂きました。自分から相手へのアプローチを変えてみたら、相手の異なる側面も見えて意見が通りやすくなるんじゃないのかと。改めて今まで相手へ取っていた行動を思い返してみたら、その事が出来ていなかったんですね。だから「あーなるほど」と納得し、じゃあ自分の考え方を変えて今までと違うアプローチをしてみようと前向きになりました。現在もそのアドバイスは自分の中で活きています。

目標とする上司のように、自分がゲーマーズの宣伝の柱となってゲーマーズをアニメイトと同じくらいの知名度まで向上させ、売上を倍増させたいです。

“週末は愛猫2匹と戯れてます”

●未来の仲間へひと言

ゲーマーズはやりたい事をやらせてもらえる自由度の高い社風が特徴的な会社です。

明確なやりたい事を設定し、それに向けて邁進できる方を待っています!


株式会社ゲーマーズ
営業本部MD課
<2003年アルバイト入社>

NEXT INTERVIEW


株式会社カードラボ
武蔵小杉店
ストアマネジメント
<2013年 新卒入社>