先輩の声

アニメや漫画の
素晴らしさを世界へ

― 通販物流本部 新規営業課 
2020年新卒採用 ―

応募のきっかけは『なんとなく』

「そういえばアニメイトも会社だよな」と思ったことがアニメイトの新卒採用に応募したきっかけです。

もともとアニメイトはよく通っていましたが、就活を始めたときにはまったく意識をしていなくて、アニメとは関係ないような企業ばかり選考を受けていました。
自分の中で「就活はいろんな会社のことを知るチャンス」という考えがあったので、「内定もらえるかはわからないけど、とりあえず挑戦してみよう」とたくさん応募した中の一社でした。
面接に臨んだときも、緊張する、というよりは「あのアニメイトの人と話せるのか…」とワクワクしていたことを覚えています。実際に話してみたらやっぱり楽しくて、いろんな会社の面接の中で一番しゃべった記憶がありますね。笑

最終的にアミューズメント系の会社と少し迷ったのですが、入社後すぐの自分の姿がイメージしやすかったことと、やっぱり好きなものに関わって働きたいと思ってアニメイトへの入社を決断しました。
入社後の初期配属は店舗、そこから1年で異動して、今は通販物流に関連する部署で働いています。

『好き』の空間を維持するのは
大変、でも楽しい

店舗で働いてみた印象として残っているのは「仕事場に行くのが楽しい」と「接客は大変」ということですね。

私はもともとアニメイトのお店の空間が大好きだったので、そこで働けることがまず嬉しかったですし、次々と入荷する新商品や、いろんな作品の最新情報も刺激的で、新しい発見だらけの生活が私の中のモチベーションになっていました。それから配属先の先輩社員や上司の皆さんがすごく優しかったのもとてもありがたかったですね。接客に関しては、その場面ごとに臨機応変な対応を求められるので「なかなか難しいな…」と思いつつ、一方で「やっぱりお客様の好きの熱量ってすごいな」と感動していました。

通販物流の部署へ異動してからは、通販で取り扱う商品の新規開拓(営業や交渉)をしているのですが、お客様がより多くの商品と出会えるよう、日々いろいろな人と交渉をしています。店舗もそうですが、通販でもアニメの業界が盛り上がるにつれてたくさんのお客様が利用してくれるようになりました。

たくさんの人が利用する『好き』の空間を維持するのは、すごく大変ではありますが、一方でたくさんの方々の熱意に触れられる仕事として、すごく楽しいと感じています。

作品の魅力を最大現伝えられる会社でありたいから、

アニメイトで扱う商品は「趣味」のものであり、衣食住のような生きていくために最低限必要なものではありません。ですが、日々の生活をより豊かにしていくために必要な「心の生活必需品」ではあると思っています。私自身アニメからたくさんのことを学び、心の支えにしてきた人間です。
なので、アニメや漫画は素晴らしいということをもっともっと世界に広めていきたいと思っています!

就活をしている皆さんの中でも、「あの作品と出会えたから今の自分がある」と思うような経験があったら、それを広めるような仕事にぜひ挑戦してほしいなと思います!

先輩の声