先輩の声

『好き』を仕事にできる!

― ストア事業本部 店舗勤務 
2013年新卒採用 ―

自分の元気の源

私は物心ついたときからアニメや漫画が大好きな子どもでした! 悲しいことや落ち込んだときもアニメ・漫画に励まされる日々で、気づけば「自分の元気の源」といっても過言ではない存在でした。そして大学まで進み自分の将来像をぼんやりと考える中で、「大好きなアニメや漫画で元気や幸せを届けたい!」と思い、数ある会社の中からアニメイトを選びました。理由はアニメイト店舗のTwitterやブログで、多くの作家さんや声優、アーティストの方が来店されたり、イベントでファンやお客様と交流したりしている様子を知り「ファンやクリエイターとの距離が近い」と感じ、私のやりたかった「届ける」ことができる環境なのではないかと思ったことです。

入社後は関東圏の大型店に配属になり、志望していた書籍担当に。いち早く戦力になりたいと業務習得に励み、その成果が認められて神奈川県にある店舗の責任者に任命されました。書籍担当以外の業務やスタッフさんの労務管理や業務指導など「ストアマネジメント」について学び、いまは都心の大型店舗で再び書籍担当を務めています。入社時と同じ担当ですが、他の部門の仕事やマネジメントを経験し、当時と比べてもレベルの高い仕事ができているのではないか、と自分では思っています(笑)。

みなさんに喜んでいただく

お客様、版元、作家先生といった作品に携わるすべての人にどうやったら喜んでもらえるのかを日々考えています。前例のないことだらけで、尻込みしてしまうようなことも多いのですが、「NO」と言わず、「どうにかできる方法はないか」「すべての人が満足できる方法はないか」という姿勢で向き合っています。

店舗に訪れたお客様やファンの方々に喜んでもらえた瞬間はこちらもうれしくなります。また、仕事で努力を積み重ねた結果、作家先生から直々にお礼のメッセージを頂く機会もありましたし、版元の方からもさまざまな施策を任せてもらう機会も増え、少しずつ手応えを感じています。ずっと大好きだった先生の複製原画展やオリジナルグッズの取り扱い、サイン会を実現することもでき、まさに自分の”好き”が活かされる仕事だと実感しましたし、それもアニメイトで働く魅力の一つだと思います。

『好き』を生かせる職場

好きなことだから夢中になれるし、その仕事で誰かに喜んでもらえるというのはまさに「好きを活かせる職場」だと思います。

アニメイトの社員はやはりアニメや漫画が好きな人、好きになる人が多く、作品に対する熱量が高い仲間もたくさんいます。出身地や年齢など全く違う環境で育ってきたのに同じ価値観でつながるためか、仲間思いの社員が多く、自然と協力しあう文化があると感じます。

「アニメ好きじゃないといけない」ということはありませんが、私のように好きを活かせる仕事をしたい人には最適な職場だと思います。

先輩の声