先輩の声

『人』に携わる仕事。

- ストア事業本部 店舗管理者 
2016年新卒採用 -

人の手で作り上げる情熱

お店の運営を行ってみたいというのが、入社を決めた理由です。なぜアニメイトを選んだのかというと、就活中に初めてお店を訪れて「楽しそうな雰囲気だな~」という感想を持ったからです。買い物をするお客様が本当にうれしそうで、とても印象的でした。人に「ときめき」「よろこび」を与えられ、自らも感じられる会社って実は珍しいのでは? とも思いました。

アニメイトのお店はそれぞれに個性があって、スタッフが人の手で作り上げている感覚や、そこに注いでいる情熱を感じます。お客様と作品の”出会いの場”を提供し、そこから生まれる感動や熱量をダイレクトに感じられるのがお店で働く醍醐味でもあり、一番好きな瞬間ですね。

小さな努力の積み重ね

新卒として入社し、約2年間はアニメイト大宮(埼玉)で勤務しました。キャラクター商品部門を担当し、仕入れや発注を先輩スタッフに教えてもらいながら、店長として必要な運営に関する知識を学んでいきました。

3年目に埼玉県内の大型ショッピングモールに入っている今のお店に異動しました。「店長になる」という希望を叶えることはできましたが、そこからまた新たな挑戦を続ける日々を過ごしています。

店舗の仕事というのは、すべてが小さな努力の積み重ねだなと思います。運営する以上、やはり目標は売上予算を達成することですが、その過程は本当に地道なものだということを痛感しました。「一発逆転のチャンスはないかな~」と夢見ることもしょっちゅうです(笑)

残念ながら、そんな方法はないので、今のお店に赴任してから「本当にお客様が欲しい商品をそろえられているのか?」「この陳列方法で商品の魅力が伝わるのか?」と自問自答を繰り返し、かなり細かいところまで見直しました。その甲斐あって赴任当初はガタガタだった業績も少しずつ伸びてきています。自慢になりますが、私が店長になってからお店の最高売上を2回も更新しました!

一発逆転はありませんが、一つ一つの商品、一人一人のお客様を大切にすればそれが絶対に売上に繋がっていくということを、身をもって理解したことが、仕事の糧になっていると思います。

ありのままで!

就活って、これまでの人生の中で、一番将来のことを考えている時期なのではないかと思います。どの会社においても、入社がゴールではないので、「自分はここに入って良かったな」と思うために、自己分析はしっかりと行っておいた方が良いと思います。そして、入社してやりたいこと、叶えたいことがあれば自分の言葉で飾らずに伝えてほしいですね。飾らなくても、会社はみなさんが思っている以上にみなさんのことを見てくれているので、伝わるはずです! 少なくとも、アニメイトはそういう会社であると思ってます。

先輩の声